RESEARCH

境野研究室では人間ー環境ー機械のインタラクションの制御、

つまりは「人間支援ロボットの制御」の実現を目指しています

研究動画はこちら

 

現状の課題

     □多自由度ロボットを作るのが大変(ハードウェア)

     〇人間と接触するような柔らかい制御は困難(ソフトウェア)

 

境野研究室の取り組み

     □ハードウェア ⇒ 機能的電気刺激による人体の制御、油圧アクチュエータ

     〇ソフトウェア ⇒ バイラテラル制御、力制御

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

バイラテラル制御とは...

     ・ロボットを使って触覚の通信が可能(聴覚・視覚に続く第三の通信媒体)

     ・ロボットを使わないと不可能な動作を実現

 

 

応用例

建設機械、遠隔医療、海底調査、原発作業、宇宙作業など